チャット

外出先でも手軽に情報交換

チャットアプリは、スマホにインストールすることでリアルタイムのコミュニケーションが可能になるアプリです。テキストや画像などを電子メールよりも手軽に送り合うことで、スピーディーな意見交換や情報共有を可能にします。

詳しく見る

TV電話

採用システムの一元化

テレビ電話面接を導入する企業が増え、人材確保が叫ばれる現代において新たな手法として注目されています。専用のシステムを活用する事で、応募者の管理から面接まで一貫して進める事が出来ますので、社内全体での活用も可能です。

詳しく見る

PC

メリットデメリットを把握

クラウド型のグループウェアが急速に普及しています。その分、自社でサーバー等を管理する必要がないので、コスト削減につながりますが、メリットとデメリットを色分けする必要があります。ユーザー追加の際も、かかる時間と追加料金を把握することが大切です。

詳しく見る

ネットワーク

ビジネスシーンを便利に

社内で使用するツールのひとつとして、スマホで利用可能なチャットアプリが挙げられます。スケジュール管理を同時に行えるものもあり、日常的なツールとしても便利です。大人数の承認意見を必要とする話し合いを、スムーズに進めることが出来ます。

詳しく見る

TV電話

離れていても面接できる

企業から遠い地域に住んでいる方との面接を行う際に、テレビ電話面接を行う企業が増えています。テレビ電話面接は、インターネットを利用して、パソコンの画面でお互いの顔を見て面接する比較的新しい面接方法です。テレビ電話を用いた面接には、メリットや気をつける点があります。

詳しく見る

社内で統合ソフトを活用

ネットワーク

部署での情報共有環境

近年、企業では、コンピューターネットワークを使って、業務で使うデータを取り扱う事が多くなっています。これを部署毎に自社サーバで管理していきますと、事業や部署数によっては膨大なデータ量になりますので、外部サービスを活用する事で多くのデータを部署内で共有しやすい環境作りを行います。クラウドタイプのグループウェアは、専門の業者と契約を行う事で、自社サーバを用意しなくても企業や部署内のデータを管理する事が出来ます。クラウドタイプのグループウェアには、メールクライアント機能やデータベース機能、SNS機能や掲示板機能などが搭載されています。これらは、業者が用意しているクラウドシステムで運用されていますので、パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末からのアクセスも可能です。これは、営業活動などを行っている営業マンに重宝する環境であり、出先から報告書や必要な書類を得やすいといった特徴があります。グループウェアは、オフィスで使うツールを統合させ、データを従業員同士で共有する事が出来るという利点があります。グループウェアがクラウド化する事によって、社内でのサーバ管理の手間を大幅に減らす事が出来ます。クラウドタイプのグループウェアの導入は、従業員同士のコミュニケーションを図るツールとしても使え、電子メールやSNSや掲示板機能を最大限に使っていく事で、スケジュールが合わない従業員との情報交換が行えます。