メリットデメリットを把握

PC

柔軟な要望が可能か

これまではパッケージが主流だったグループウェアですが、急速にクラウド型が普及しています。そう言った背景もあって、各社から様々なクラウド型のグループウェアが提供されています。クラウド型を利用することで、自社でサーバー、アプリケーション、データ等をを管理することはありません。セキュリティーやバックアップに関しても提供する会社に任せることになります。その分のマンパワーやコストは抑えることは出来ますが、自社で管理しないということに対してのメリットとデメリットを色分けしておく必要があります。同時にグループウェアを提供する会社に対して、情報提供を求めることが大切です。やってくれているだろうという思い込みで、実は対策がなされていなかったのでは、大きな問題に発展します。クラウド型のメリットは何と言っても、使いたい時に使いたい分だけ使えるということです。ユーザー追加対応が迅速で、追加ライセンス料も1ライセンスから支払うというのが望ましいでしょう。グループウェアの中には、追加対応に数日かかり、ユーザーは5ユーザー単位(それ以上)と言うものも存在ます。これではクラウド型を使用するメリットを享受しているとは言えません。事前にその情報を把握できたのであれば、何故時間がかかるのか、何故5ユーザー単位なのかをヒアリングする必要があります。そこに技術的な問題が潜んでいたら(プログラム改変)、導入を見送るという決断の材料にもなります。