離れていても面接できる

TV電話

良い人材を探しやすく

良い人材が見つかったが、遠方に住んでいて面接するのが困難な場合に用いられている方法がテレビ電話面接です。遠方に住んでいて在職中だが転職活動をしている方や、Uターン就職を検討している学生などとの面接もしやすく人気です。海外に住んでいる方を雇用する場合の面接手段としても、テレビ電話面接は便利な面接方法として用いられています。企業側がテレビ電話面接を行う際に気をつけるポイントとしては、パソコンのカメラ位置を面接官の顔や表情が分かりやすいような位置に設置する事です。お互いの顔がわかりやすい方が、面接時に会話がスムーズに進みます。パソコンに内蔵されているカメラを使う以外にも、専用のカメラを面接用に使用する方法もあります。外付けのカメラを用いる場合は、テレビ電話面接を実施する前に社内でカメラ位置をテストすると安心です。どのような業種であってもインターネットを利用する仕事が増える傾向にあり、テレビ面接を用いる事で、面接をする相手がネット環境に慣れている人であるかを見極めることも出来ます。インターネットに対応している人材を見つけたい場合や、カメラやマイクの使い方が慣れている人を採用したい場合は、テレビ電話面接がオススメです。またテレビ電話面接の特徴としては、相手の部屋の様子や日常的に利用している場所が分かりやすいので、部屋が整頓されているかなどを知る事が出来ます。服装や話し方以外にも、部屋の様子や雑音などに気をつけて面接する事が肝心です。私生活も重要視して人材を採用したい場合にも、テレビ電話面接を利用する企業が多くなっています。