採用システムの一元化

TV電話

管理から面接まで

企業の人事部の中で専門の採用部隊を設ける機会も増え、多くの企業で採用に関する課題を抱える場合が多い時代となりました。そこで採用をデジタル化しシステムで一元管理する企業が増え、専用のシステムも数多く発売されています。そんな採用システムには応募者の管理から面接の管理まで社内で同じ情報を共有しながら選考を進める事が出来る様にもなりました。面接も対面式で会う方法から、電話面接、そしてテレビ電話面接まで幅広く対応が可能です。特に近年テレビ電話面接を導入する企業が増えている中で、別途テレビ電話面接用のシステムの導入は必要がなく、採用システムを使って電話面接が出来るケースもあります。面接担当者は何も人事部だけではなく、各部署のマネージャーによる面接にも導入が可能なため、社内で同じテレビ電話面接の手法を活用する事が可能です。基本的にはパソコンを使っての面接となりますが、スマートフォンやタブレットを使ったテレビ電話面接も可能ですので、出張先で時間になれば面接を行う等という事も可能です。場所を選ばない面接として全国各地に支店を持つ企業や、大企業の場合にはこのシステムが社内前提で使われている事もある程です。今度人材の確保が非常に難しくなると言われていますので、様々な選考方法を導入する事で、社内により多くの人材を取り入れ、人材確保に繋げてみると良いでしょう。システムを専門に扱うコンサルやシステム会社へまずは問い合わせをし、各システムの特徴をつかむ所から始めてみてはいかがでしょうか。